スイレン抜きボランティア募集

一緒にトンボ自然公園の自然を守りませんか?

トンボ自然公園では、審美的景観作りを主目的に、やや広めのトンボ池15個で温帯スイレンを栽培しています。

栄養豊富なトンボ自然公園の池でスイレンは春から夏の間、水面いっぱいに葉を広げ花を咲かせ人々の目を楽しませてくれます。

しかしながら、これがトンボ自然公園にとって思わぬ災いを引き起こしているのです!

  • 陽光を遮断して水中植物の光合成を阻害! → 水中植物が生きることができません。
  • 風波による空中からの酸素供給を阻害! → 池の中を酸欠状態にしてしまいます。
  • このまま放置すれば、トンボやメダカなどの水生動物だけでなく、翌年のスイレン開花数も減少します。
    人間の手でスイレンを抜き、トンボ自然公園の自然を守っていく必要があるのです!

    そのため、スイレン抜きは、トンボ王国恒例の「冬の風物詩」となっています。
    もちろん北風吹く日に、腰まで達する泥沼で連日奮闘作業しているトンボ王国のスタッフたちからすれば、決してのどかな話ではありません。

    そこで冬期は随時、スイレン抜き作業ボランティアを募集しています。

    氷が張って池に入れない日を除き、12月から3月まで、午後1時から3時の間なら、いつでもご参加頂けます。

  • 話のタネに体験されたい方
  • トンボ自然公園をもっと知りたい方
  • ボランティア活動が好きな方
  • 大歓迎です。

    クワやウエダーなどの作業道具は、公益社団法人トンボと自然を考える会でご用意しています。
    ℡0880-37-4110までお気軽にお問い合わせ下さい。

    もちろん、ご自身で抜いたスイレンはお土産にどうぞ。

    <スイレン抜きボランティア募集詳細>
    期間:12月から3月 午後1時から3時(氷が張って池に入れない日を除き毎日)
    持ってくるもの:特に必要ありません。暖かい格好でお越しください。
    お土産:ご自身で抜いたスイレンをお持ち帰りいただけます。
    参加方法:事前に℡0880-37-4110までお気軽にお問い合わせ下さい。

    トンボ王国を守りたい!応援したい!

    トンボ王国にご興味を持っていただきありがとうございます。
    このトンボ王国は「未来の子どもたちに豊かに自然を残したい」「自然の大切さをたくさんの人に知ってほしい」等、たくさんの方の想いで成り立っています。
    是非、みなさまも一つ応援していただけると嬉しいです!