ザ・鉄腕ダッシュがきました!

「鉄腕ダッシュ・グリル厄介」は当トンボ王国が舞台です。

ロケ候補地としてオファーを受けたのは4月中旬のこと。
5月中旬には実際に取材班と協議を行い、6月初めに撮影に来られました

トンボ王国とウシガエル

ウシガエルはその巨体と旺盛な食欲でトンボ王国のトンボの成虫からヤゴまで食べていました。
逆にウシガエルをアオサギが食べてくれたり生態系がうまいこと働いてくれますが、
それでは数が追いつかないためトンボ王国でも積極的に駆除してきました。

4月・5月は産卵の季節。1メートル四方に広がる卵を一網打尽すべく捕獲!
卵で駆除できなかったものは真冬の寒い中池の中のおたまじゃくしを職員が手作業で捕獲!
さらにスイレン抜きのときなど都度見つけたものは捕獲し駆除していました。

このように豊かな自然を維持するためには人も自然の一部となって活動しているのです。

そんな中、鉄腕ダッシュのお話があり実際に何匹か駆除していただけました。
私たちの作業も今年は少し楽になることを期待しております。

トンボ王国産安全なウシガエル

下水のような水辺でも生息できる強健なウシガエルですが、
トンボ王国には最も水質にうるさいオオイトトンボが多産しており、
トンボ王国のウシガエルはそれらを食べています。

そのため、きっと安心安全なウシガエルを提供できたのではないかと思います。
ただ、殖えてはいけない生物です。

「ウシガエル」はご存知ですか?別名食用カエル。

アメリカ東部・中部、カナダ南東部に生息していましたが、世界各地に食用カエルとして輸入され、
逃げ出したり放されたりして世界中で野生化し生態系を荒らしています。

「ウシガエル」はみなさんにとって馴染みのあるカエルになっているのではないでしょうか?
実はもともと日本には存在しなかったカエルなのです。

世界の侵略的外来種ワースト100・日本の侵略的外来種ワースト100

ウシガエルは食用とされているだけあって、日本最大級の大きさを誇るカエルで体調10cmを超えています。
食欲旺盛で口に入るものならなんでも食べてしまうウシガエルは世界各地で生態系を荒らしてきました。
そのためIUCNの「世界の侵略的外来種ワースト100」及び日本生態学会の「日本の侵略的外来種ワースト100」に選定されています。

ちなみに、ウシガエルの餌としてアメリカから輸入され野生化しているのはこちらも馴染みのある「アメリカザリガニ」。
アメリカザリガニが餌というところからもどれだけの食欲なのか納得です。

そして、ここトンボ王国でも貴重なトンボの成虫や水中および羽化直前のヤゴまで捕食していて困っていました。

※ウシガエルは「特定外来生物」に指定されているため、許可なく移動させたり、飼育してはいけません。

トンボ王国を守りたい!応援したい!

トンボ王国にご興味を持っていただきありがとうございます。
このトンボ王国は「未来の子どもたちに豊かに自然を残したい」「自然の大切さをたくさんの人に知ってほしい」等、たくさんの方の想いで成り立っています。
是非、みなさまも一つ応援していただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です